株スロット投資屋本舗

日々の収支とポジションを公開してます。スロットの専業から株へ移行。低位銘柄・テクニカル・配当利回り・下落率・テーマ銘柄・好業績銘柄とあらゆる角度から期待値高い銘柄を探しています。スロットのように株でも稼ぎつづけれられるのか!?

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ストップ高翌日の利益確定の仕方 【株】

ストップ高の翌日はよく自分は寄成か少しでも抵抗ラインとなるとこで指しておくことが多いです。

チキンなのはもちろんですが、ストップ高翌日の始値から上か下かは五分五分なんで結構あっさり利食いしちゃう事が多いです。(材料があった場合や買い位置によって判断は変わってきます)

個人的にコスモバイオの抵抗ラインは1600円付近だと意識していたので、はじめは1600円で指しておいたんですが、愚かな事に欲をかいてしまい少し高めにセットしなおしちゃいました。

そこまでは、まだいいです。

仕事中結構携帯をいじれるので、気配だけは見ていたのでやっぱ売っちまおうと思い注文を訂正しようと思ったところ・・・

客になんと1時間もからまれてしまい、携帯を見たら1400円付近((+_+))

その客のせいで寄付で売りそこない10万の損失。

結果は本来の利益確定から計算すると6万くらいの損失でした。

まーいい勉強になりました。

ちなみにストップ張りつきだった場合は、引け前に注文を取り消しさらに持ち越します。

大体揉み合うのでなかなか体験できませんがね。


株式(現物/特定預り)
保有株数 取得単価 現在値 評価損益
1325 ボベスパ 現買 現売 信買 信売
100 229 237 +800
5721 S・サイエンス 現買 現売 信買 信売
10,000 4 3 -10,000
計 2,773,812

FC2 ブログ ランキング





| 2013年01月 | 00:01 | コメント:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

あっさり手仕舞いしてしまうところは投資屋本舗さん
ならではだと思います。

なかなか出来る事じゃありません・・・

私の場合は全般的に枚数を減らすだけで
地合いが崩れない限りは、持ち越してしまいます

特にスイングは一度売ると、銘柄によっては
入りづらいのが難点なので

私は分散投機で、臭い銘柄で待ち伏せをして
噴いた銘柄から順次売却していく手法なのですが
今年は地合いの割りに、どれも薄利で
噴きそうで噴かず、苦戦中です。

地合いが地合いなので放置していれば
いずれ上がるとは思うのですが、どうしても短期で
結果を求めてしまいます

ストップ翌日は動く額が大きいだけに難しいですね
私は前日の終値と過去のチャートを基準に
さらに枚数を分けて逆指値を設定する事が多いです

利益を我慢するというのも
短期売買の人間にとってはなかなか大変です

| チクワ | 2013/01/12 00:57 | URL |

Re: タイトルなし

利益を我慢することは株取り引きにおいてすごく大事な事だと思います。
前に紹介したサラリーマンさんは本当にすごいです。
嫉妬するぐらい買った銘柄が素直に上がっています。しかも利食いが遅いという。
自分は同じような投資は絶対できません。10%のれば基本結構満足ですし。

自分も待ち伏せ、逆張りタイプでしたが動きがないとダメなのでそういう銘柄は最近は買っていませんね。チクワ氏はそのスタイルで利益を積んできているので、やっぱり向き不向きがあるんだと思います。

一度売るとはいりずらくなるのすごいわかります。けど自分はこれからそんな経験をいっぱいしていくんだと思います。自分は一度とはいわず何度も売るタイプですからね(笑)


> あっさり手仕舞いしてしまうところは投資屋本舗さん
> ならではだと思います。
>
> なかなか出来る事じゃありません・・・
>
> 私の場合は全般的に枚数を減らすだけで
> 地合いが崩れない限りは、持ち越してしまいます
>
> 特にスイングは一度売ると、銘柄によっては
> 入りづらいのが難点なので
>
> 私は分散投機で、臭い銘柄で待ち伏せをして
> 噴いた銘柄から順次売却していく手法なのですが
> 今年は地合いの割りに、どれも薄利で
> 噴きそうで噴かず、苦戦中です。
>
> 地合いが地合いなので放置していれば
> いずれ上がるとは思うのですが、どうしても短期で
> 結果を求めてしまいます
>
> ストップ翌日は動く額が大きいだけに難しいですね
> 私は前日の終値と過去のチャートを基準に
> さらに枚数を分けて逆指値を設定する事が多いです
>
> 利益を我慢するというのも
> 短期売買の人間にとってはなかなか大変です

| 投資屋本舗 | 2013/01/12 23:32 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kabuslotousiya.blog136.fc2.com/tb.php/1517-1cca9f62

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT