株スロット投資屋本舗

日々の収支とポジションを公開してます。スロットの専業から株へ移行。低位銘柄・テクニカル・配当利回り・下落率・テーマ銘柄・好業績銘柄とあらゆる角度から期待値高い銘柄を探しています。スロットのように株でも稼ぎつづけれられるのか!?

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ドル買いでしょ 【株】

ここは単純にドル買いでいいのではないか??

この円高で倒産企業もでているようです。

これ以上の円高を許すワケがないし、2007年の124円から1年で10円くらいづつ円高になっている計算になる。

さらに史上最高値という局面でもあるし、85円~90円くらいまで戻してもおかしくない。

こんな記事もみつけました。



急激な円高に対し、政府・日銀は米国に先んじて為替介入や追加金融緩和を実施すべきだ。

今回の円高局面は、ドル安、ユーロ安の側面が強い。欧米の財政問題の深刻さに比べ、「日本の方がましだ」という見方が市場に広がった。だが、実力的には1ドル=90円前後が妥当で、77円台という水準は日本の実力からあまりにかけ離れている。

急激な円高は、トヨタ自動車をはじめとする輸出企業にダメージを与え、結果的に被災地の自立的な復興を阻害する。電力の供給不足や海外に比べて重い法人税負担など、企業が日本で活動する条件は厳しくなっている。今回の円高がとどめとなり、企業が生産拠点をアジアなどの海外に移せば、日本は深刻な産業空洞化を引き起こしかねない。

為替介入と金融緩和は、円高阻止とデフレ脱却への強い覚悟があることを内外に明確に示す意味がある。欧米だけでなく日本も巨額の債務を抱え、年間数十兆円も国債を追加発行している状況では、とても財政を楽観できない。

米国と同様に政治的なねじれが生じ、震災復興のための特例公債法が成立するかわからない状況だ。国の借金は積み上げられるばかりで本来、日本の円が市場から全幅の信頼を置かれる理由はない。

 ギリシャや米国で債務不履行(デフォルト)の懸念が表面化したが、市場が日本の財政状況に関心を持ち、日本をターゲットにした日本売りが起こっても不思議ではない。

 日本売りで国債の金利が上昇すれば、利払いの増加による財政負担が大きくなるうえ、住宅ローンなどの金利上昇を伴い、日本経済への影響も深刻さを増す。

 財政再建を先送りしてはいけないし、国債の日銀引き受けのような、財政不安を強めたり、円の信用を損なったりする政策で円安に誘導する「通貨安競争」に参戦すべきではない。日本経済を苦しめてきたデフレ脱却のため、需要を高めて物価を押し上げるような、インフレ期待の形成に役立つ政策に取り組む必要がある。(sankeibiz)



とにかく一時的には大きくなんだかんだ戻すと思う。

いや戻ってほしい・・・

現在のポジション ドル/円 76.9円1枚


株式(現物/特定預り)
保有株数 取得単価 現在値 評価損益
1491 中外鉱 現買 現売 信買 信売
5,000 27 26 -5,000
1757 クレアHD 現買 現売 信買 信売
5,000 2 3 +5,000
2684 ジパング 現買 現売 信買 信売
50 2,291 2,710 +20,950
計 2,174,406

FC2 ブログ ランキング





| 2011年08月 | 21:11 | コメント:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kabuslotousiya.blog136.fc2.com/tb.php/1082-7c6f059e

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT